2019年8月13日火曜日

131. 新居にて

みつばち漫画みつばちさん:131. 新居にて


越冬のための蓄えを全て失ってどうなることかと思いましたが、家の主のお爺さんはミツバチさんのことが大好きらしいので、私もホッとしました。

2019年8月12日月曜日

130. 晩秋の防衛戦(20)

みつばち漫画みつばちさん:130. 晩秋の防衛戦(20)

みつばち漫画みつばちさん:130. 晩秋の防衛戦(20)

オオスズメバチと果敢に戦うもヒトに全てを奪われ、這う這うの体で逃げ出してきたミツバチさんたちの行く先は、いつか下見したお花いっぱいの人家の巣箱。どうやらそれなりに知識もあるし、優しい人のようで、一安心!

2019年8月11日日曜日

129. 晩秋の防衛戦(19)

みつばち漫画みつばちさん:129. 晩秋の防衛戦(19)

みつばち漫画みつばちさん:129. 晩秋の防衛戦(19)

※正規の手順
正式には、探索係があちこちに飛び出して新居候補を探してダンスで仲間に位置を教え、行ってみてよかったら同じ場所を示す踊りを踊り、そうしてついに一つのダンスが支配的となると多数決で決定され、全員で新居に向かう。ただ、事前に下見が行われており、蜂球を作らずいきなり引っ越し先へ行くケースもある。今回は急な逃去のため栄養補給のために蜂球を作ったものの下見はされていたという、両者の中間でしょうか。

2019年8月10日土曜日

128. 晩秋の防衛戦(18)

みつばち漫画みつばちさん:128. 晩秋の防衛戦(18)

みつばち漫画みつばちさん:128. 晩秋の防衛戦(18)

運命共同体、ミツバチさんの群れはいつも蜜を口移しで配分しあっているので、女王物質も全員に行き渡るし、飢えて倒れる時も皆一緒なのだそうです。一匹だけお腹ポンポンでとぼけて生き残るような利己主義なヤツは家族じゃないですもんね。ヒトの家族だとそういう個体も散見されますが。

ところで、おお、虫歯が目立ちますが全能なる神のお力添えで餓死は免れました!

でも家が!

昨日オッサンたちが積んで行っちゃいましたからね…。火あぶりよりマシとはいえ、腹ぺこのお腹を抱え、蜜も幼い妹たちも家も取り上げられ、これからどうしたら?

2019年8月9日金曜日

127. 晩秋の防衛戦(17)

みつばち漫画みつばちさん:127. 晩秋の防衛戦(17)

みつばち漫画みつばちさん:127. 晩秋の防衛戦(17)

太古から人間がミツバチさんに近づく時は、その多くは蜜目当て。そして原始的な養蜂では巣板ごと蜜も幼虫も蛹も取り上げて、おとなは焼き殺してしまうのでした。今の日本にも、さすがに少ないですが、その伝統を守る地方はあります。このケースでは廃業するから、らしいですが。

ハウス栽培の作物の授粉のために売られている西洋ミツバチさんは、用が済んだら「焼却処分」するようにお上が指導していることはあまり知られていませんよね。そのへんが改善されない限り嗜好品のイチゴやメロンは生涯食べられなくてもいいや。

外付け巣箱その他の方法で残酷なことをしていないハウス農家さんもいるので、そういう農家さんからは応援するためにむしろ買いたいですが、区別がつかないですから困ります。

さて、皮肉にも宿敵オオスズメバチの怒りの反撃によって火あぶりの危機を当面は免れたミツバチさんたち。しかし依然として閉じ込められたまま。急に避難したのでお腹はほぼ空、じっと待っても餓死か、戻って来た人間に焼かれるか(ミツバチさんたちは焼かれる可能性についてはわかっていませんが)。エクソダスを試みるしかなさそうです。

2019年8月8日木曜日

126. 晩秋の防衛戦(16)

みつばち漫画みつばちさん:126. 晩秋の防衛戦(16)

みつばち漫画みつばちさん:126. 晩秋の防衛戦(16)

オオスズメバチから救ってくれた人間ありがとう! と思ったら? あまりの騒音に避難したところを閉じ込められた! どういうことでしょう!

デリケートで騒音を嫌うニホンミツバチさんが、このようにまんまと閉じ込められてしまうのは本当ですが、殿下も言っているけど、避難先がどういう場所かも分からないまま、テキトーすぎませんか! いえ、それほどうるさいのがイヤなのね…。

2019年8月7日水曜日

125. 晩秋の防衛戦(15)

みつばち漫画みつばちさん:125. 晩秋の防衛戦(15)

みつばち漫画みつばちさん:125. 晩秋の防衛戦(15)

敗色濃くなり、天に望みを託して戦うミツバチ軍にまさかの助っ人が!

そういえばこれ巣箱ですからね、人間の管理下にある可能性はあったわけです。今まで一度も顔を見せたことがないので放棄された空箱かと思っていましたが、辺鄙なところだと、置くだけ置いても忙しくて滅多に巡回できないというケースが結構あるのですよね。


なにはともあれ、危機は去った!

2019年8月6日火曜日

124. 晩秋の防衛戦(14)

みつばち漫画みつばちさん:124. 晩秋の防衛戦(14)

みつばち漫画みつばちさん:124. 晩秋の防衛戦(14)


続々と押し寄せる強大な敵軍。一匹でさえ持て余すというのに。子供たちを見捨てて逃げるしかないのか?

2019年8月5日月曜日

123. 晩秋の防衛戦(13)

みつばち漫画みつばちさん:123. 晩秋の防衛戦(13)

みつばち漫画みつばちさん:123. 晩秋の防衛戦(13)

これまでのペースでいけば冬まで粘れると思っていたのに、案に反して大軍が!

2019年8月4日日曜日

122. 晩秋の防衛戦(12)

みつばち漫画みつばちさん:122. 晩秋の防衛戦(12)

みつばち漫画みつばちさん:122. 晩秋の防衛戦(12)

実戦経験を積んで余裕が出て来たミツバチ防衛軍。貯蜜も充分、なんとかこのまま逃げ切りたいところ。

実際にはやっつけたオオスズメバチの亡骸を協力して外に出すことはなく、西洋ミツバチならプロポリスで包み込むかもしれませんがニホンミツバチさんは各種居候同志に処理を委ねるようです。

このような籠城作戦のまま1ヶ月以上も持ちこたえることも自然界では珍しくありません。見守る人がオオスズメバチしか見かけなくなり、てっきり占拠されてしまったのだと思っていたところ、寒くなってオオスズメバチの繁殖期が終わった頃、ミツバチさんたちが大勢出て来て驚いた、というようなケースがしばしば報告されています。越冬もそうですが、長期の見通しを立てて行動するというのが驚きです。

攻めるオオスズメバチも「いける」と思ったのに目測を誤ってしまうのは他に選択肢が無かった場合なのか、はたまた種としてニホンミツバチさんの知恵に追いついていないのか。

2019年8月3日土曜日

121. 晩秋の防衛戦(11)

121. 晩秋の防衛戦(11)

121. 晩秋の防衛戦(11)

ついに実戦!

「ベタベタ」以外は全て実際にニホンミツバチさんが行う戦法です。この話を描いているうちにどんどん情が移り、私自身が門番Cくらいの距離感でこの巣に住んでいるような気分なので、どうも犠牲が出るのがつらくて…。

藁や小枝を芯にすると迅速に団塊が形成されるのも本当ですが、このための素材を予め用意して意図的に芯を作ることはまだ行っていないようですが、時間の問題かもしれません。

ここでは作戦会議のあと、雄蜂殿下は陣頭に立たずに作戦が遂行されていますが、実際でも他の生活全てについてと同様に司令塔なしで粛々と行われます。まさに超個体たるミツバチ国家の面目躍如! …でも事前に会議しているかもしれないですよね!

2019年8月2日金曜日

120. 晩秋の防衛戦(10)

みつばち漫画みつばちさん:120. 晩秋の防衛戦(10)

みつばち漫画みつばちさん:120. 晩秋の防衛戦(10)

再びですが、「顎」は用法上は「歯」だと思ってください。オオスズメバチの強烈な毒針は主に巣を脅かす体の大きな哺乳類に対する防衛用で、他の昆虫相手には頑丈な大顎で「噛み殺し」ます。弱い相手は噛み殺し、あるいは翅や武器を切り落として相手に応じて瞬時に無力化する優秀なハンターです。例えばカマキリなどは飛びかかって武器である大鎌を切断、攻撃力を奪ってゆっくり肉団子にします。かっこいい…けどミツバチさんから見たら怖過ぎますよね。

次々飛びかかって団塊の中に封じ込めて熱殺するまでに、最初の方に飛びかかった何匹かはこの顎の犠牲になってしまいます。

固い物がダメなら噛んでも粘る柔らかいものは? これぞ柔能く剛を制す! …ちょっと意味が違うでしょうか?

2019年8月1日木曜日

119. 晩秋の防衛戦(9)

みつばち漫画みつばちさん:119. 晩秋の防衛戦(9)

みつばち漫画みつばちさん:119. 晩秋の防衛戦(9)

※20部屋分の蜜
ここで言う部屋とは巣房、蜂さん一匹で満員になる6角形のセルひとつのこと。20部屋分の蜜は20室相当の完成した蜜ということになる。

2019年7月30日火曜日

117. 晩秋の防衛戦(7)

みつばち漫画みつばちさん:117. 晩秋の防衛戦(7)

みつばち漫画みつばちさん:117. 晩秋の防衛戦(7)

昆虫の場合、顎の機能は人の歯に当たると考えるとわかりやすいです。人の場合顎で齧る、って変ですが歯で齧る、ならわかりますよね。

ミツバチさんも門が狭過ぎたりして活動しにくいと、結構木をガリゴリ齧るそうです。でも雄蜂さんは大顎も蛹から出る時に使うだけで華奢だから役には立たないかも。

2019年7月29日月曜日

116. 晩秋の防衛戦(6)

116. 晩秋の防衛戦(6)

116. 晩秋の防衛戦(6)

※熱殺のための団塊~門の前では狭過ぎる
ニホンミツバチさんがオオスズメバチに反撃するには、次々に飛びかかって緊密な蜂の塊の中に封じ込めて自分たちの致死温度より若干低い敵の致死温度まで加熱し、熱で殺す。オオスズメバチはそうさせまいと暴れるので、ある程度限られた場所の方が動きを封じるためには都合が良いが、外の狭い発着台では下に転げ落ちられたりして団塊形成が困難。この巣箱では箱の中で戦うのが望ましい。

※突破に時間がかかるので大軍が入って来る
オオスズメバチは侵入のため齧りながらお尻から仲間を集めるフェロモンを出すので、破城に時間がかかるほどに敵が集まって来ることになる。速やかに偵察を撃破して短時間に敵がつけた匂いを除去すれば、放出された化学物質の量そのものが少なく、それが空気に晒されている時間も短いので敵援軍が来る可能性は低く抑えることができる。

いつか見た帝国のように壁が厚ければ侵入をあきらめることもあるが、我らがミツバチさんたちのおうちは安普請のようだ。ただ、あの巣箱は西洋みつばち用で門戸が広かったので、オオスズメバチはそのまま出入りできるため、せっかくの堅牢な城壁も防戦上は、あまり意味がない。

2019年7月28日日曜日

115. 晩秋の防衛戦(5)

みつばち漫画みつばちさん:115. 晩秋の防衛戦(5)

みつばち漫画みつばちさん:115. 晩秋の防衛戦(5)

※オオスズメバチに敬遠されるには家が小さい
前回は「知り合い」の偵察役を放棄された群れの貯蜜に誘導して事無きを得たものの、規模としては「勝てる」と判断されたため。働き蜂がたくさんいる強群で被害が利益を上回ると判断した場合は偵察は他を探しに行き、多くは二度と来ない。

2019年7月27日土曜日

114. 晩秋の防衛戦(4)

みつばち漫画みつばちさん:114. 晩秋の防衛戦(4)

みつばち漫画みつばちさん:114. 晩秋の防衛戦(4)

ムカデも天敵ですが、まあ、「じーさん」の好物はコオロギですから…

2019年7月26日金曜日

113. 晩秋の防衛戦(3)

みつばち漫画みつばちさん:113. 晩秋の防衛戦(3)

みつばち漫画みつばちさん:113. 晩秋の防衛戦(3)

※女王様のダイエット
西洋ミツバチに比べるとニホンミツバチの女王蜂の卵巣小管が半分なので特にダイエットしなくても飛べるのは、天敵の強襲などにより予定外の逃去をすることがあるためでしょうか。でも、引っ越しで遠距離を飛ぶ可能性があるなら産卵を停止してお腹を小さくしておくに越したことはありません。

2019年7月25日木曜日

112. 晩秋の防衛戦(2)

みつばち漫画みつばちさん:112. 晩秋の防衛戦(2)

みつばち漫画みつばちさん:112. 晩秋の防衛戦(2)

※蜜集めのプロ
うちの野草にもニホンミツバチさんが来てくれるようになってわかりましたが、蜜/花粉集めだけ眺めていても個体によってスキルも効率もスタイルも全然違うことがすぐにわかりました。一番上手な、翅が少しすり切れたオレンジがかった縞のあるベテランさんは次の花群を探す時に一旦高く上がって上空から探すので、低い薮の間をあてもなく低速で飛んで探すよりも蜘蛛の巣に引っかかる危険が低そうです。観察するには見失い易いので辛いですが。また、蜜を集めながらも花粉団子の成長も早く、熟練の技を感じます。

2019年7月24日水曜日

111. 晩秋の防衛戦(1)

みつばち漫画みつばちさん:111. 晩秋の防衛戦(1)

みつばち漫画みつばちさん:111. 晩秋の防衛戦(1)

11月ともなるとスズメバチは最後の追い込みに入り、狙われるミツバチさんは不安な季節です。

2019年7月23日火曜日

110. ハウスハント

みつばち漫画みつばちさん:110. ハウスハント

みつばち漫画みつばちさん:110. ハウスハント


毒の花粉のことも喉元過ぎて忘れているわけではありません。地道に新居を探しているのでありました。山の向こうも私から見れば充分田舎ですが、ミツバチさんにとっては、今いるところより「建物いっぱい」らしいです。

新居の下見は、全ての群れが行うわけではありませんが、明らかに行っていることがあるそうです。ニホンミツバチの方が下見してあるらしい引っ越し/巣別れの目撃件数が多いように思うのは身軽に引っ越しするから? 「家畜」ではなく家族として愛されていることが多いのでよく観察されているからかもしれません。

土地の開発で自然な木のウロなどの営巣場所が奪われる一方、人家の屋根裏、お墓などの人造物を利用することでミツバチさんは都会でも逞しく生きています。地下に巣を作るオオスズメバチが追随できないし、人里では見つかると駆除されるので天敵対策としてはいい面もあるようです。同様に人造物を利用できるキイロスズメバチも住宅街に進出していますが、脅威の大きさとしてはオオスズメバチの比ではありませんから。それにキイロスズメバチも見つかれば駆除対象です。まあ、ミツバチさんも駆除されてしまうことがありますが…。

ミツバチさんは駆除依頼を受けるお役所窓口に「引き取りたい」という人が声かけをお願いしている場合があるので、「駆除→殺さず引き取り」となることもあるのが救いです。

2019年7月22日月曜日

109. 前哨戦(2)

みつばち漫画みつばちさん:109. 前哨戦(2)

みつばち漫画みつばちさん:109. 前哨戦(2)

とりあえずの危機は脱したようです。が、そうです、オオスズメバチの群れは一つではありません。寒さが本格化し、オオスズメバチが活動を停止するまでミツバチさんは安心できません。

できる限りの助言をくれて去って行く女兵士も来年のために繁殖個体である雄蜂と新しい女王を育てたら役目は終わり、春の息吹を見るのはかなわぬ定め。暖房によって冬眠せずに全員で冬を乗り切るミツバチさんの暮らしは本当に驚異的です。強敵の熊でさえ寒さにはかなわず冬ごもりをするというのに。

※タンパク質はキイロスズメバチで
人間からすればミツバチさんよりキイロスズメバチの方が怖いですが、オオスズメバチから見れば下位のスズメバチはニホンミツバチよりも犠牲が出ないし筋肉も多いしで、むしろカモなのですね。

※無防備な外来種…西洋ミツバチは進化の過程でスズメバチという天敵がいなかったため、対抗策を身につけておらず、攻められると隊列を組んで一匹ずつ突撃し、玉砕してしまいます。西洋ミツバチが日本では人間の保護が必須であるのは一つにはこのためです。

2019年7月21日日曜日

108. 前哨戦(1)

みつばち漫画みつばちさん:108. 前哨戦(1)

みつばち漫画みつばちさん:108. 前哨戦(1)

幸せいっぱいのミツバチさんだけを描いていたいけど、ミツバチさんの生活史に秋は「スズメバチの攻撃に耐える」と書かれるほど、暮らしの一部なのですよね。ミツバチさんの世界は厳しいなあ。

オオスズメバチは恐ろしいけど、ニホンミツバチから徹底的に盗む癖のあるセイヨウミツバチが野生化しないのは彼女たちとダニのおかげだし、犠牲を減らすためにも弱い群れから襲ってくるから自然の個体数調整の仕組みの一環でもあるし、悪とは言いきれないものですが、やはりそばに来るとその大きさにビビります。でもオオスズメバチも静かにしていると慣れるみたいですね。

というわけで、まずは兵力のデモンストレーション。大勢の働き蜂が外に出て「うち強群よ! 高くつくわよ!」と見せています。

しかし敵の偵察は、いつか(77. ジャイアント)助けたオオスズメバチの女兵士。あの時、襲われないような強群にしておけという助言を貰ったのでしたが、現状では「勝てる」と判断されてしまった模様です。

オオスズメバチが個でなく群れとしてのミツバチを襲う時、狙いは巣板に詰まった蜜と子供達。おとなが逃げ出しても巣を乗っ取れば、寒くなって活動している虫が減っている季節にあって、かなりの栄養源を確保できるので犠牲を覚悟で本気で襲ってきます。「不気味な城」の遺産で満足してくれるでしょうか?

※珍味…普通はこんな時期に雄蜂はいないから。

2019年7月20日土曜日

107. ベタベタ

みつばち漫画みつばちさん:107. ベタベタ

みつばち漫画みつばちさん:107. ベタベタ

ガムは噛み終わったら紙に包んでゴミ箱へ!

ニホンミツバチさんは耐病性が強いせいかプロポリスを集めないのですが、セイヨウミツバチさんなら色気アリさんの穴をプロポリスで塞ぐかも? プロポリスもベタベタするので集めて来た蜂さんは自分では取れずに仲間に取ってもらうんですよね。


2019年7月19日金曜日

106. ハーブ天国(4)

みつばち漫画みつばちさん:106. ハーブ天国(4)

みつばち漫画みつばちさん:106. ハーブ天国(4)

キノコを育てるシロアリがいるのは本当です。なので、同じように高度な社会生活を営むミツバチさんだって、サクランボの種なんかは大き過ぎて運ぶのは無理でしょうが、粉のような種は運んで蒔いてもよさそうな気がします。

でも、いわゆる雑草をバリバリ栽培しているとお庭に巣箱を置いてくれる人には嫌われてしまうかもしれないですね。せっかくの花壇から大量のカナムグラがニョキニョキ出て来たりしたらねえ。